立派な家

家を買う時の不動産屋さんの選び方

新しく家を買う時に、良い不動産業者を選ぶことも重要です。情報量が少なかったり、相場より高い物件を勧めてくる不動産業者は、あまり良いとは言えません。またそれを見分けることも、簡単ではありません。今回は家を買う時の不動産屋さんの選び方をご紹介いたします。
まずは、購入を考えている住所近くの不動産業者を検索してみましょう。最寄りの駅の近隣には、通常複数の不動産業者が営業しております。人口の多い駅の場合、数十店舗ある場合がありますので、ホームページ等を確認して自分に合いそうな不動産業者を探してみてもよいかもしれません。次に、不動産業者を数件に絞り、実際に訪問してみます。会社の大小はあまり気にすることはありませんが、小さな会社ですと営業が全員出てしまっている事もありますので、一度電話でアポイントを取った方が無駄足にならずに済みます。実際に訪問したら、自分の希望を伝え物件情報を貰います。最初なので、少し欲張りかなと思えるくらい貰ってしまいましょう。先程訪問すると決めたすべてのお店で同じように物件情報を集めます。また、その時に担当者との会話が弾むか、今後一緒に不動産を探すことができる人かをチェックします。
すべてのお店を見て回ったら、再度貰った物件情報をチェックします。かなり同じ物件を紹介されているでしょう。これは、不動産業者は物件情報をかなり共有しており、実はどの不動産業者も情報量にあまり差がないため、同じような物件が集まってくるのです。他のお店にはなかった情報や、そこだけ情報がなかった場合は要注意です。共有されていない情報の場合や、共有された情報を受け取っていない可能性もありますので、十分注意してみてください。最後に、お店の情報量と担当者とのやり取りが一番うまくできたお店を選び、再度相談をしてみましょう。新しい情報があるかもしれませんし、既存の情報でも価格が変わっていることもあります。いかがでしたでしょうか。この方法で選んだお店も何回か打ち合わせするとやはり合わない、となるかもしれません。その場合は再度同じ方法でお店を選んでみてください。必ず複数から選定することを忘れずにすれば、良い担当者に巡り合えるはずです。